しょうがの効能その2|しょうがサプリメント&ドリンク徹底比較ランキング!

冷え症を改善!しょうがサプリ&ドリンク徹底調査ランキング

しょうがの効能その2

鎮痛、消炎作用

 「アスピリン」や「インドメタシン」などの消炎・鎮痛剤も、ほぼ同等の効果はあるが、化学薬剤には胃炎や胃潰瘍を起こす可能性がある。その点、しょうがには胃壁を守る健胃作用がある。
 また、しょうがには「変形性関節症」という「関節の軟骨がすり減り、滑液が減少する」関節炎に対して、「すり減った関節の軟骨を再生させる」作用がある。

血液凝固抑制作用

 生姜には、血小板の粘り気を抑えて、その凝集を抑制して血栓を防ぎ、心筋梗塞、脳梗塞をはじめ、高血圧の予防、改善に効果がある。

強心作用

 生姜は、心筋を刺激することにより、心筋の収縮力を高め、脈拍をゆっくりと低下させる。

消化促進作用

 生姜は胃腸の内壁の血液循環をよくし、胃腸の働きを促し、消化吸収を高める。また、胆汁の分泌を促して、脂肪の消化を促進、ビタミンやミネラルの活性を増やす。
 特に生姜に含まれる「ジンギベイン」という強力なたんぱく質消化酵素は「パパイン」や「ブロメリン」に匹敵するほどの強力な作用をもつ。

抗潰瘍作用

 生姜には、少なくとも7つの「抗潰瘍成分」が存在することがわかっている。また胃潰瘍の原因菌とされるヘリコバクター・ピロリ菌をはじめ、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などの含中毒菌に対する殺菌作用もある。

次の効能効果はこちら>>

 管理人の私は小さい頃からずっと冷え性と付き合ってきました。 サプリから入浴剤、ストッキング、お茶、食事、マッサージなど様々挑戦してきました。その経験を少しでもお伝えできればと思いました。こちらはしょうがのサプリ&ドリンクについて比較しました。参考になればと思います。



美めぐり習慣

国産オーガニック生姜+1日に必要な鉄分(ヘム鉄100%)とビタミンがこれひとつで!



めぐりの十一源

金時しょう、黒にんにく、黒酢、ビタミンC・E・B群、ヒハツ、イチョウ葉エキス配合商品


   

熟成発酵しょうが

貧血改善に嬉しい成分が豊富な ドリンクタイプ!味が微妙なので評価は△。

金時しょうが