しょうがの口コミ体験談その5|しょうがサプリメント&ドリンク徹底比較ランキング!

冷え症を改善!しょうがサプリ&ドリンク徹底調査ランキング

しょうがの口コミ体験談その5

身内の異変と自分の体の異変がきっかけで

 生姜自体は、小学生のころから知っていましたし、風邪をひくと生姜湯を飲んでいた記憶もあります。 そのころは、生姜との接点は風邪=生姜くらいにしか考えていませんでした。それから数年が経ち、身内が病気になったことをきっかけに、東洋医学に興味を惹かれるようになり、「体を温めると病気が治る」こんな言葉を目にするようになりました。

 テレビ、雑誌、本等の様々なメディアを使って、冷えがもたらす病や対処法を取り上げられるようになりました。 現在、私は体の異変を通して、生姜を日々摂取しています。一番は、しょうが紅茶です。これは、しょうがも紅茶も体を中から温めてくれる作用があり、同時に紅茶には利尿作用があるため、体にたまった毒素を出してくれる働きがあるといわれています。

 そして、頻繁に取り入れているのは料理に生姜を使うということです。薬味としてでも良いですし、調味料としてしょうが醤油として何にかけても良いですし、麻婆豆腐やコロッケ等なんでも合います。こうして、無理なく日常生活に取り入れることによって、体も自然と調子が良くなりますし、楽しみも出てきます。冷えから病気はあらわれます。自分の体の異変を通して、より強く実感しました。しかし、異変が出たからこそ、今までの生活を見直すきっかけにもなりましたし、生姜という万能な食材との縁も深くなりました。今では、体に感謝をしています。

自家製生姜湯

 冷え性で、色々と体を温める対策は自分なりにしていますが、冷えはやはり体質を変えないとなかなか簡単には改善できるものではないなと思います。 生姜を冷え対策として意識してとるようになったのはここ数年ですが、もともと料理でもなんでも、生姜が大好きなので、始めると当たり前のように今よりも色々な方法で生姜をとるようになりました。

 意識して体を温めようと思うなら、やっぱりショウガ湯がいちばんだと思います。とはいっても、生姜湯として売っている葛湯タイプなどの市販のものは、毎日のように飲み続けるにはちょっと高いなと思い、自己流でアレンジした生姜湯を作って飲むことが多いです。いちばん簡単なのは、ただおろし生姜と蜂蜜を熱いお湯にといて出来上がり、片栗粉を少し入れてとろみをつけるとより温まります。 アレンジとしては、そこにレモン汁を入れたり、あるいは紅茶に同じようにおろし生姜を たっぷり入れるのもおいしくてお気に入りです。体が温まり、風邪をひきかけかな、と思ったときにも効くのでおすすめです。

次のしょうがの口コミ体験談はこちら>>

 管理人の私は小さい頃からずっと冷え性と付き合ってきました。 サプリから入浴剤、ストッキング、お茶、食事、マッサージなど様々挑戦してきました。その経験を少しでもお伝えできればと思いました。こちらはしょうがのサプリ&ドリンクについて比較しました。参考になればと思います。



美めぐり習慣

国産オーガニック生姜+1日に必要な鉄分(ヘム鉄100%)とビタミンがこれひとつで!



めぐりの十一源

金時しょう、黒にんにく、黒酢、ビタミンC・E・B群、ヒハツ、イチョウ葉エキス配合商品


   

熟成発酵しょうが

貧血改善に嬉しい成分が豊富な ドリンクタイプ!味が微妙なので評価は△。

金時しょうが