しょうがの口コミ体験談その9|しょうがサプリメント&ドリンク徹底比較ランキング!

冷え症を改善!しょうがサプリ&ドリンク徹底調査ランキング

しょうがの口コミ体験談その9

末端冷え性を生姜湯で改善

 私は昔から末端冷え性で、いつも手足の先が冷え切ってしまっていました。 特に手先の冷えがひどく、常に悴んで感覚が鈍くなっていました。細かい作業をする場合などは、いつもホッカイロなどを握りしめて手を良く暖めてから臨んでいました。

 ある時、冬場だったと思います。人と握手する機会があったのですが、私の手の冷たさに「ヒャッ!」と驚かれてしまいました。 これは流石にショックでした。これをキッカケに、自分のためにも本格的にどうにか改善しようと、色々とためしてみました。 半身浴に、血行をよくするための運動・マッサージ、沢山取り組みましたが、自分には合わなかったのか、思ったような効果は出ませんでした。

 そこで、出会ったのが生姜湯でした。友人の家に遊びに行った際、「あたたまるよ~」と出してきてくれたのです。 一口飲むと、甘くて少しだけピリッとして美味しい。「美味しいね」とコクコク飲んでいるうちに、次第に身体がポカポカと暖まってきました。私の最大の悩みどころだった手先・足先も、「人肌」と呼べる温度まで暖かくなっていました。話を聞くと、友人も冷え性で困っていて、この生姜湯を愛飲して冷えを解決しているとのことでした。

 自宅に帰る際に薬屋さんに寄って、友人宅で飲んだものと同じ、粉末をお湯で溶かして飲む簡単なタイプの物を購入して帰りました。 それからほぼ毎日愛飲しているのですが、かつてのような冷えの悩みは大きく改善されました。自分には合っていたのだと思います。 最近では、紅茶に生姜を溶かして飲んだりもしているのですが、これは体全体・隅々まで少し汗ばむくらいに暖まります。生姜湯に生姜紅茶、冷え性に悩んでいる方に一度は試してもらいたいです。ノドにも良いですし、広く健康な状態にしてくれます!

切らさないように、常備しています

 若い時は真冬でもアイスクリームを食べるほどでしたがやはり女性は30歳を境に身体が冷えやすくなってきます。できるだけ食事に根菜類を取り入れて体内の循環を良くし身体を温めるようにしているのですが中でも生姜は、とても体が温まり血液が流れているのがわかります。

 まず寒い冬は生姜湯ですね、すりおろした生姜にはちみつを混ぜ、熱めのお湯でいただけば身体がポカポカ温まり、利尿作用があります。利尿作用があるということは、身体の体温が上がっているということですし、体内の余分な水分を出しているということなので、むくみの解消にもつながります。

 寝る前に生姜湯を飲むと身体が温まって寝付きも良いのですが、私の場合は血流が良くなり目が冴えるので飲む時間帯に気をつけています。生姜を料理に使う時は、季節関係なくいつでも使います。冷蔵庫から生姜を切らさないように、常備しています。

 また生姜には消炎作用があります。すりおろした生姜を80度以下のお湯の中に入れ、タオルを浸します。この生姜の消炎作用エキスを含んだタオルを絞り、膝や腰の痛いところへ当てるとやはりポカポカと温まり、痛みが和らぎます。生姜の消炎作用は80度以上のお湯を使うと、効果がなくなりますので必ず80度以下のお湯にします。

 また40度くらいのお湯で足湯をすれば足元からポカポカと体が温まります。足の裏は第二の心臓とも言われていますので、足裏から暖めると身体全体が温まるのです。普段から料理に生姜を取り入れたり、ジュースやコーヒーを飲む回数のうち一杯分を生姜湯にするだけでも身体は温まります。できる範囲で続けることが大切です。

次のしょうがの口コミ体験談はこちら>>

 管理人の私は小さい頃からずっと冷え性と付き合ってきました。 サプリから入浴剤、ストッキング、お茶、食事、マッサージなど様々挑戦してきました。その経験を少しでもお伝えできればと思いました。こちらはしょうがのサプリ&ドリンクについて比較しました。参考になればと思います。



美めぐり習慣

国産オーガニック生姜+1日に必要な鉄分(ヘム鉄100%)とビタミンがこれひとつで!



めぐりの十一源

金時しょう、黒にんにく、黒酢、ビタミンC・E・B群、ヒハツ、イチョウ葉エキス配合商品


   

熟成発酵しょうが

貧血改善に嬉しい成分が豊富な ドリンクタイプ!味が微妙なので評価は△。

金時しょうが